10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

こんな日常。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

忘れたくない一言。 




「太陽の子ですね」



ちょっとした言い方で、こんなにも受け止め方が違うのか。
ずっと抱いていたコンプレックスが、すっと晴れたような気分でした。



スポンサーサイト

category: 普通日記。

cm 0   tb --   page top

CORNERSTONES 

ウタヂカラ~CORNERSTONES4~(初回盤) ウタヂカラ~CORNERSTONES4~(初回盤)
佐藤竹善(2007/11/14)
UNIVERSAL J(P)(M)

この商品の詳細を見る

1.万里の河(作詞・作曲: 飛鳥涼)
2.サヨナラ(作詞: GAO/作曲: 階一喜)
3.初恋(作詞・作曲: 村下孝蔵)
4.真夏の果実(作詞・作曲: 桑田佳祐)
5.雨の物語(作詞・作曲: 伊勢正三)
6.桜坂(作詞・作曲: 福山雅治)
7.ロビンソン(作詞・作曲: 草野正宗)
8.そして僕は途方に暮れる(作詞: 銀色夏生/作曲: 大沢誉志幸)
9.俺たちの旅(作詞・作曲: 小椋佳)
10.「いちご白書」をもう一度(作詞・作曲: 荒井由実)
■ボーナストラック
11.少年時代(作詞: 井上陽水/作曲: 井上陽水・平井夏美)


買いました。
先日のみゅーじん見て、色々と思うことあったり。
そうよねえ、最初にCORNERSTONES出した時ってかなり前でしたよねえ。あの頃は完全に洋楽だけのカバーでしたもんね。当時、友人に「買ったけど、あまりツボに入らなかった」って手紙書いたことが記憶にあります(爆)いや、正直ね。
今でも、どちらかと言うとオリジナルを望む気持ちは捨てられません。『INDIGO』が良かっただけにね。
とは言うものの、このアルバムはこのアルバムでちゃんと楽しめました。
あまり確認せず車の中で聴いて、『サヨナラ』のアレンジがシングルと違うなあと思ったらアルバムバージョンでした。ホント微妙な違いですけどね。
一番のツボは『万里の河』です。元歌も好きですしね。アレンジも割りと元歌に近くて、いい感じです。

category: 音楽

cm 0   tb --   page top

バランスの悪い子たち。 

20071110214813

斜めってるのはこの子たちのバランスが悪いからです(笑)

category: etc.

cm 0   tb --   page top

『サヨナラ』。 

サヨナラ(初回盤)(DVD付) サヨナラ(初回盤)(DVD付)
佐藤竹善、 他 (2007/10/17)
UNIVERSAL J(P)(M)

この商品の詳細を見る

そういえば随分前になりますが、買っております。
情報として、竹善さんのシングルが出る予定で、『サヨナラ』のカバーだと聞いたのはいつのことだろうか(遠い目)
『サヨナラ』って、あの『サヨナラ』よねえ?と半信半疑でしたが、ホントにGAOの『サヨナラ』だとは!
正直言うと、カバーよりもオリジナルが聞きたいとは常々思っております。なので最初乗り気はあまりしなかったんですが、着うたでラスサビ聞いて考えが一変。
ラスサビの「かえりたい~♪」で撃沈です。あああ、なんていい声されてるんだもう!と。ラストの「輝いて~♪」は鳥肌ものでした。
C/Wの『そして僕は途方に暮れる』は、アレンジがまさしく竹善さんって感じで。実は、そういうアレンジ苦手だったりするんですよね。オリジナルに近い形で竹善さんボーカルで聞いてみたかったなあ…。
14日にはアルバムも出ますね。試聴した感じでは『万里の河』がツボに入りそうな感じでした。こちらも楽しみ。

category: 音楽

cm 0   tb --   page top

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。